トレンド

山梨県道志村で人骨発見!男性ボランティアの行動に様々な声!小倉美咲さんの可能性は?

2022年4月26日、山梨県道志村で人骨が見つかりニュースになっています。

道志村では3年前の2019年9月21日に千葉県成田市の小学1年生・小倉美咲さん(当時7歳)が家族と訪れたキャンプ場で、行方が分からなくなったままであり、その関連性に注目が集まっています。

人骨を発見したのはボランティアとして行方不明の女児の探索に参加した40代の男性です。

この男性の行動に疑問を感じる方があらわれ様々な声が聞かれます。

この記事では発見に至るまでの経緯をまとめていきます。

人骨発見の経緯

人の頭のような骨の一部が見つかったのは、女児が行方不明になった道志村のオートキャンプ場から東におよそ600メートル離れた山の中です。

今月23日、ボランティアとして行方不明になった女児の捜索に訪れた40代の男性は山の中で骨の一部のようなものを発見しました。

男性は写真を撮っていったん現場を離れたものの、気になって25日、ふたたび現場に戻り「人の頭のような骨を見つけた」と警察に通報しました。

山梨県警は付近の捜索を行いましたが26日の捜索では他の部分の骨や着衣などの遺留品は見つかっていません。

男性の行動に関する世間の声まとめ





 

行方不明の小倉美咲さんの可能性は?

現在、警察が鑑定を行っている状況であり、骨が小倉美咲さんのものかはわかっていません。

専門家の意見では綿密な現場探索を行い特定するようなので発表には時間がかかるものと思われます。

佐々木成三(元刑事部捜査第一課・警部補/一般社団法人スクールポリス理事)
頭蓋骨においても男女の骨に差異があり、おでこ部分が男性が斜面になっているのに対し、女性は垂直と言われています。 また大きさからも大人のものなのか、子どものものか推測することもできますが、まずは歯形やDNA鑑定などから、早期の身元の特定を行うと思われます。 さらに、綿密な現場捜索により、頭蓋骨が見つかった直近にほかの骨があるのか、また着衣などが発見となっているのかも、事件、事故を特定するためにはとても必要な捜査となります。 警察は身元の特定を早急に行い、事件判断を行うことになります。

 



小倉美咲さんが行方不明になった当日の時系列

小倉美咲さんの母親が公開したメモ参照

【事故当日9月21日】

13時
グループでお昼に天ぷらそばを食べて、その後子どもたち12人でテントを張ったサイト横の南の森で遊ぶ

15時35分
先におやつのチョコバナナを食べ終えた子供9人が遊びにいく

15時40分
美咲さんが後を追いかけるように遊びに行く

15時50分
子どもたちを大人が迎えに行く

16時
美咲さんがいないので、父母たちが周辺を探し始め、山にも登り始める

20時
警察、消防により当日の捜索終了

深夜1時30分
仕事を切り上げて移動した父親合流。到着後、父、母、友人と周辺捜索

深夜3時
捜索を終了

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。