トレンド

悠仁さまのための制度!提携校進学制度ってなに?裏口入学の声も!

現在、お茶の水女子大学附属中学に在籍している秋篠宮家の長男である悠仁さまは今年度で中学を卒業され、これまでどの高校に進学されるのかが話題になっていました。

 

2021年12月22日の文春オンライに悠仁さまの進学先が筑波大学附属高校で『提携校進学制度』を利用して入学する可能性が高いと記されています。

 

この記事では、悠仁さまが利用される予定の『提携高進学制度』とはなにか?についてまとめていきます。




提携校進学制度とは?

提携校進学制度は2017年にお茶の水女子大と筑波大の連携の一環で出来た制度で両大学の付属校の生徒が進学のタイミングで『交換入学』出来るという制度です。

他の学校にこの制度は適用されません

筑波とお茶の水の間でのみ利用可能な制度です。

試験内容は?

詳しい内容は明かされていませんが、学力テストは不要、面接・レポート等で合格を決定するとされています。

提携校進学制度は悠仁さまのための制度?

『提携校進学制度』は悠仁さまのために作られた制度だと言われています。

 

その理由にこの制度は2017年~2022年の5年間しか使えない時限適用制度であることが挙げられます。

 

この期間は悠仁さまの中学入学~高校進学までのタイミングがちょうど当てはまる時期です。

 

また、運用がはじまってから現在までの実績も公表されてないこともあり、この制度は悠仁さまのためだけに作られた制度いわれてもおかしくないでしょう。

 

2022年で期限を迎えるこの制度ですが、今後も継続するかの発表はまだ行われていないようです。

裏口入学の声も・・・

この試験内容に世間の反応は否定的な意見が多いです。

 

学力試験がないことから裏口入学ではないか!の声も挙がっています。

 

取り上げられ方が良くないばかりにネガティブな意見が多くみられました・・

悠仁さまの学力は?

悠仁さまの学力に関しては詳しい情報はみつかりませんでしたが、一般に入試では筑波筑波大学附属高校には入れない学力であることは確かなようです。

 

進学先が正式に発表されたわけではないので、今後の続報を待ちたいと思います。

秋篠宮家の悠仁さまと両親のスリーショット
悠仁さまの高校進学先は何処になる?筑波・学習院・農大一高を偏差値から予想!秋篠宮家の長男である秋篠宮悠仁さまの高校進学が今年の4月に迫り、進学先の高校が何処になるのか気になる方も多いのではないかと思います。 ...

 




スポンサーリンク