トレンド

【赤ちゃんポスト】宮津航一の生い立ちや名前の由来を紹介!高校や大学はどこ?

赤ちゃんポストこうのとりのゆりかごの画像

宮津航一さんは2007年に熊本氏の慈恵病院に設置された『赤ちゃんポスト』に座っているところを発見されました。

 

 
この記事では2022年に高校を卒業し大学に進学が決まった宮津航一さんの生い立ちや名前の由来、学歴を紹介します。

宮津航一さんの生い立ちは?

宮津航一さんは2007年に熊本市の慈恵病院に設置された赤ちゃんポスト「こうのとりのゆりかご」に預けられました。

 

病院では赤ちゃんポストに預けられるのはまだ幼い幼児を想定していたようですが、宮津さんは3歳の時に預けられており、想定外の事態だったようです。

宮津さんはその後、里親登録をしていた夫婦に引き取られ、元気に成長していきます。

赤ちゃんポストには預けられた宮津さんの実の両親に関する情報は、熊本市が調査したようですが手がかりが見つからず、名前も不明であったことから、市が新たに戸籍を作成し名前をつけたとのことです。

名前の由来は?

宮津航一さんの名前は熊本市が命名しています。

名前の由来は公表されていませんが、ヤフーニュースで以下の様に書かれていました。

「航一」という名前も、市が付けたものだ。美光さんはこの名に、「広い海を渡る一艘(そう)の船のように、力強く生きてほしい」との願いが込められていると解釈した。成長し、その意味がわかるようになった航一さん本人も、この解釈をすごく気に入った。   (ヤフーニュース

宮津航一さんは、小学校の頃に親戚から連絡があり本当の名前は判明しているようです。(公表されていません)
実の母親は交通事故で亡くなっていたことも判明しています。

 

宮津航一の高校や大学はどこ?

宮津航一さんはSNSを利用しており、FacebookとTwitterを利用しているようです。

 

Facebookから宮津航一さんの学歴は

熊本マリスト学園中学校・高等学校

熊本県立大学総合管理学部

に在籍していることが分かります。

 

その他にもこども食堂での活動にも力を入れているようです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。