インフルエンサー

【顔画像】新實慧太郎とは何者?自称インターネット作って初音ミクを計画した人

タイトル画像

『ゆっくり茶番劇』が商標登録され、商標登録の在り方が注目される中、滝川ガレソのTweetが話題を呼んでいます。

Tweetの内容は『新實慧太郎』という人物がおおよそ自身が考えたものでないであろう有名キャラクター(トトロ)やプレイステーションのロゴ、iosやWindowsなど世界的な有名な言葉の商標登録申請をおこなっている物でした。

『新實慧太郎』とは一体どんな人物なのでしょか?

新實慧太郎とは何者?

『新實慧太郎』を検索するとTwitter、note、coconala、YouTubeのアカウントが存在するようです。

【Twitterアカウント】

新實慧太郎のTwitterプロフィール画像

【noteアカウント】

新實慧太郎のnoteアカウント画像

【coconalaアカウント】

新實慧太郎のcoconalaアカウント画像

【YouTubeアカウント】

新實慧太郎のYouTubeアカウント画像

新實慧太郎のプロフィール

現在までにわかってる情報

30代前半の男性

インターネットを作った人。情報学博士。

親子で学習できる教材シェアサイト開発中。

初音ミクを計画した人楽曲制作数2000曲超音楽大好き♪。

親子で学習できる教材シェアサイト開発中。

過去2000作の楽曲提供。

ランキング上位5位独占経験あり(どこかは不明)

東京ドーム、琵琶湖、日本武道館でパフォーマンス経験あり。

Trance、EDMのジャンルを確立。

Ultraの発起人の一人。

2020年後半から、音楽での自立に向けてスタート。

新實慧太郎氏の顔画像

YouTubeチャンネルに配信テストの動画を発見しました。

音声はありませんので断定はできませんが、本人である可能性は高そうです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。