トレンド

【山口県】給付金を振込された人物が特定!24歳の男性で名前は「田口翔」顔画像は?

山口県阿武町で新型コロナ給付金が誤給付された問題で、5月10に町は誤給付を行った世帯主を提訴することを決めました。

12日には提訴が行われ、当該人物の名前が実名で公表されています。

一体どの様な人物なのでしょうか?

タイトル画像
【大麻:マンチーズ】田口翔のインスタを特定!学歴暴露の真偽は?今回は、山口県阿武町から誤給付された4630万円を持ち逃げした田口 翔(24歳)を取り上げていきます。 最新の情報では誤給付された...

給付金がご給付された世帯主の名前は?

阿武町が誤って給付を行ってしまった世帯主ですが、名前は「田口翔さん」(24歳)です。

「田口翔さん」の情報については、現時点で犯罪にはあたらず名前は非公開になっていたようです。

しかし、町は情報の公開に踏み切りました。

「田口翔さん」は町からの連絡に対して音信不通で所在も行方不明になっているとの情報があり、所在を明らかにするために情報を公開した可能性があります。

 

顔画像や勤務先は公開されている?

提訴された田口翔さんですが、顔画像や勤務先の情報までは公開されていません。

SNSでは様々情報が出ていますが、今のところ特定には至っていないようです。

勤務先について、田口さんは、町の「空き家バンク」制度を利用して県内の別の地域から移住し、県内の店で働いていたとの情報がありました。

阿武町は近年の過疎化で、空き家を格安で提供する取り組みを行っており、月15万円の給付が町から支払われる(農業、漁業援助金)など、多種多様な優遇措置が行われています。

田口翔さんはその対象となっていたようです。

また、田口翔さんは一人暮らしで、現在は勤務先を退職しており、連絡が取れない状況となっているようです。

この件に関しては、田口翔さんの口座以降のお金動きが不明であるため、今後の動向にも注目が集まっています。

タイトル画像
【大麻:マンチーズ】田口翔のインスタを特定!学歴暴露の真偽は?今回は、山口県阿武町から誤給付された4630万円を持ち逃げした田口 翔(24歳)を取り上げていきます。 最新の情報では誤給付された...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。